BELLCAFE


CAFEしたり、旅したり、作ったり。
by naobell
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

到着!

シドニーにやってきました♪
雨女は最後まで雨女。成田空港に台風を呼び寄せ、フライトは30分遅れるわチェックインカウンターは長蛇の列だわでしたが、無事に9時間半のフライトを終え、10月28日記念すべき初シドニー!!

改めまして、本日よりシドニーな日々STARTです☆

今回はQANTAS航空を利用しましたが、なかなか快適な空の旅でした。
1st キャビンアテンダントが親切、丁寧!

2nd 便にもよるのでしょうが、シートそれぞれにスクリーンがあり、いつでも好きな時間に映画が楽しめます

3rd トイレが広くてきれい

4th ご飯も”おいしい機内食”レベルだったと思います。

オーストラリアへ渡航の際は検討してみてください。

続きをぽちっ
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-29 08:26 | シドニーあれこれ

最後の日

とうとう、出発の日がやってきました!
9月に会社を辞めてから約1ヶ月弱、本当にあっと言う間だった。
それでもたくさんの友人、会社の同僚、先輩に見守られつつなんとか出発の日を迎えることができました。シドニーではいつからブログ再開できるかまだわからないけど、できるだけ早い再開を目指します。

というわけで、いってきまーす!!
b0119567_1827446.jpg

[PR]
by hk_naobell | 2007-10-27 00:00 | ニッポン

ホストファミリーが決まりました!

気がつけば渡豪まであと9日―。

早いものです、あっという間です。今日ようやく留学エージェントを通じてホームステイ先決定の通知が来ました。

家族構成は4人。
パパ → 43才、グラフィックデザイナー
ママ → 38才、デザイナー、アーティスト
子供は9才の双子。(男の子と女の子)
そして猫2匹、ウサギちゃん。

家族の趣味はアート、水泳。

かなりアーティストな匂いのするファミリー。(素敵!)あ、そういえば私、猫苦手だった・・・犬好きは猫嫌い!?一人部屋、専用バスルーム有りという記載にはなんとなく期待してしまうけど、過度な期待は無用ですね。シドニーCITYまではバスで30~40分、ただし、朝夕以外はマンリーというところまでバスで行き、そこからフェリーに乗るらしい。へぇシドニーってフェリーとか使うの?知らなかった。環境適応力には自信があるのでまぁ大丈夫かな。(甘い?)色々不安なこともあるけれど、行ってみなきゃわからない!過度な心配も期待もせず、異文化に素直に溶け込んで来たいです。
このファミリーには12月の8日までお世話になる予定。もし気の合う家族だったらクリスマスも一緒に過ごすのもありかなとひそかに考えていマス。


さて、準備、準備。
b0119567_014597.jpg

マレーシアで出会ったノラ猫。べっぴんさんでした。(でも怖くてさわれなかった 笑)
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-18 23:50 | シドニーあれこれ

Ecoバッグ 作りました!

今日はエコバッグを作ってみました。

オーストラリアへ行く際何かしらお土産めいたものを持っていきたかったのですが買うにもお金がないので、何か手作りのものを!ということで。


裁縫なんて、高校の家庭科の授業以来。ちなみに超O型丸出しだったので苦手でした・・・綺麗にできなくて、とにかく完成までこなしてこなしての作業の繰り返しでした。

そんな私にも作れる簡単ecoバッグ
作り方はこちらを参考にしました → こちら

b0119567_151452.jpg


何しろもう何年も裁縫してないので、バイアステープとか何も無くてホントにシンプルだけど、何個か作って、オーストラリアでお世話になるであろう人たちにプレゼントできたらいいなぁ★


ちなみにこの後気合を入れて近くのヨーカドーへバイアステープを買いにチャリをぶっ飛ばしていってきたのですが、途中でどしゃぶりになりひどい事になりました・・・トホホ ヘタな原付と同じくらいの速さで帰ってきました。
雨女と言われ続けて早2●年です。
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-16 15:19 | ニッポン

銀座 cafe' Ohana

今日は銀座で大学の友人に会いました。

そして今日10月12日は有楽町丸井”ITOCiA”のOPENということもあって夕方の銀座・有楽町周辺は会社帰りのOLさんですごい人手でした。ITOCiAはすごい人で上に上がるのを断念。

ブランドと高級店が軒を連ねるオトナの街銀座で、今日はゆったり落ち着いたカフェを発見!銀座ということを忘れてしまうほど、肩の力を抜いてのんび~りできる空間でした。
 cafe' Ohana
気取り過ぎないこの空間が居心地が良く、結構居座ってしまいました♪
● カマンベールチーズケーキ + カプチーノ  (セットで1000円)
● アンプル(チョコレート系のケーキ) + カプチーノ  (セットで1000円)
(他にカフェラテや紅茶も選べます)

しっかり食べたいときはランチタイム(15時まで)に行くと
ハンバーグやしょうが焼き、ハヤシライスなどのカフェご飯も。
夜はアルコールもあるのでちょっとしたBarみたいな雰囲気にもなりそう。

写真なくてすいません w
飾らない店内はスッキリしたインテリアで◎ 一人でも気軽に立ち寄れそう。

オーストラリアでもお気に入りのカフェを開拓したいな~

cafe' Ohana
中央区銀座3-3-12
銀座ビルディング4F
03(3567)4388
地下鉄銀座駅
C8出口から徒歩1分


<数寄屋橋交差点付近からの行き方>
数寄屋橋の交差点を三越方面へ直進、2本目の路地(Beamsがある通りです)を左に入って、1ブロック進むと道路を渡った2件目が銀座ビルディング。4階なので、ビル脇のエレベーターを探してね☆体力自慢の方は階段をどうぞ~
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-12 21:17 | ニッポン

ペナン島inマレーシア

今日はペナン島inマレーシア のお話。

ペナン島と言えばマレーシアの代表的なリゾート地の一つ。
とはいえ、バックパッカーな私はひたすら安宿とローカル食堂の日々です。

でも、私にとってはこのハングリーな日々が、何かSpecialなものに出会ったときのアドレナリンをより多くしてくれる重要な旅の要素。(でも、マレーシアのローカル食堂は超美味いんですよ!)ハングリーであればあるほど、素通りしてしまいそうなちょっとしたことにも幸せと感動を発見できる気がします。(あくまでも私の場合ですので、人それぞれ旅の楽しみ方は十人十色ということで聞き流してください。)安宿でおもしろいおっちゃんに出会ったり、ローカル食堂で超おいしい肉まんに出会ったり、バスの中の面白マレー人に爆笑したり。カーネルおじさんのメガネが無かったり。そんなひと時が私の旅の幸せでもあり、あとで「あの宿はやばかったね~」などという笑い話は一種私の宝になっています。リゾートもこの年では素敵だなぁと思いますが、同時にバックパッカーの日々は忘れられません。


バックパッカーな私の最も幸せな時間の一つ=MAKAN(食べる)


ペナン島では友人の紹介でマレー人のお宅にお邪魔しました。
b0119567_21112297.jpg

これはラクサという料理。ヌードルでさっぱりしたスープ。上にはレタスやセロリやパイナップル、卵なんかが乗っている。これをよく混ぜ混ぜして食べます。美味。ラクサは地方によって結構味付けや具が違うらしい。家庭のラクサをいただけるなんて幸せです。ここんちのお母さん、料理うまい!ご飯はどれもおいしかった。

ところで、マレーシアの礼儀 とは?
その①とにかくMAKAN(食べる)
その②多くてもMAKAN MAKAN(どんどん出てきても食べる)
その③食べ終わるまで帰さないよ~

というか、マレーシアにおいてとにかく客人をもてなすとはご飯をたくさんたくさんたくさん食べさせるということ。だからどんどん料理が出てきて、テーブルの上はえらいことになってました。
b0119567_21242416.jpg

ちなみに、JOHOR州にある村にホームステイしたときも、到着したらまず紅茶とお菓子(夕飯前だったけど・・・)たらふく食べたら、はい、夕飯どーんと言う感じですごかった。お母さんは食事中MAKANを30回くらい言っていたと思う。MAKAN、MAKAN、MAKAN
太っ腹で食べることが大好きなマレー人。
集合時間だというのに、食べ終わるまで家から出してもらえない子もいました 笑
でもなんか、細かいことにこだわらず、「さぁ、たくさんお食べ!!」ってなんかいいなぁ。

b0119567_21195397.jpg

これは、最後の最後に出てきたデザート。
味から察するに多分MIRO(昔日本にもミロあったなぁ)とミルク?おいしかった☆

食べることが大好きな人にとっては天国のようなところですね。(私?)
私はこの日お腹を若干壊していましたが、それでも苦しくて動けなくなるほど食べてしまいました。(ちなみに、以前UPした「ロティティシュー」はこの超満腹状態の後の更にデザート第2弾として行きました 爆)
b0119567_21262717.jpg


こんなに食べることが大好きなのに、断食の季節良く頑張れるなぁ。。。
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-10 21:35 | アジア旅行

南米横断旅行⑥ トコナオinチリ

サンペドロ近郊の小さな村 トコナオ

トコナオでは昔からこの土地に住む人たちの村を見学。
b0119567_1656549.jpg


サンペドロには5000m級のボルケーノがあり、村の家々の壁はこの火山岩を削り落として作られたブロックでできています。砂漠と火山。
厳しい自然の中で生き抜いていく過酷さが漂う村でした。

b0119567_1659899.jpg


チリの77%がキリスト教(カトリック)ですが、国教ではありません。とはいえ、こんな砂漠の標高3000mという地でもしっかりとカトリックが根付いています。昔の宣教師たちは、この砂漠地帯で布教活動をするのは大変だったでしょうね。
b0119567_1723077.jpg


教会の壁にあったモニュメント。おそらくリャマかアルパカです。土地の動物たちを大切にしている証ですね。


トコナオツアーの帰り、また違う集落に立ち寄り、昼食を頂きました。村には本当に人影がなくて、みんなどこにいるのかしら?と思うほど。昼食を食べ終えて出発までワゴンで待っていると、7歳くらいの男の子が二人自転車に乗ってやってきました。
言葉は全く通じないけれど向こうも私に興味を示してくれました。

「ちょっとまって!」
ここで日本から持ってきた秘密兵器の登場―。
b0119567_1784776.jpg


じゃじゃーん!!
このハナタレ小僧ちゃんに鶴をプレゼント☆
見たこともないORIGAMIを手に喜んでくれました。
もしかしたら「鶴」ではなくて「フラミンゴ」っていうことになっていたかも w
ばいば~い とはしゃいでおうちへ帰っていきました。
b0119567_17205647.jpg


余談ですが実は私、出発前恥ずかしながら鶴が折れなくて。
折れるんだけど、どう見てもニセモノ?
b0119567_17154931.jpg


(言わなくてもわかると思いますが、左が私作、右が友人作)
もちろん小さい頃は折れてたのですが。。。
空港での待ち時間も、飛行機の中でも、計70時間以上のバスの移動でも
暇さえあれば延々折り紙を練習していました。
日本人たるもの鶴くらい折れないと。。。と友人にも指摘され。
折れるようになっといてよかった~
結構やり始めると楽しくて、日本から持ってきた折り紙の折り方を見ながら
いろんなものを折ってました。


さあいよいよ出発ということでワゴンに乗り込んだ私たち。
するとさっきのちびっ子が走ってきて窓の外から何か叫んでる。

ポケットをパンパンと2回たたいて、私に向かって親指を立てた。
”おりがみ ありがと!”
b0119567_1722674.jpg


元気でね~!一期一会に感謝。
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-07 17:22 | 南米旅行

南米横断旅行⑤ ミスカンティー湖inチリ

チリのアンデスにあるミスカンティ湖
b0119567_2291945.jpg

とにかく、青く、美しい。

ここは不思議なくらい音のない世界。
当日は雲ひとつない快晴。
風もなく、本当に音のない静寂の世界で、座って景色を眺めていると
まるで自分も写真の中に入ってしまったかのよう。
b0119567_22112093.jpg

白く見えているのは塩。
湖の周りにはこのような塩の真っ白いラインが。

この景色、本当に落ち着くなぁ。
時間が止まったような静けさ。
人もいない、木もない、青い空と青い湖の作り出す景色。


すこし車でいったところにチャクサ湖という塩湖があり、こちらにはフラミンゴが生息している。
残念ながら望遠レンズ等持っていなかったので写真は小さいのですが。。。
b0119567_2219575.jpg

野生のフラミンゴを見たのは初めて。
シーズンではないらしくこのときは生息数も少ないようだったけど、
遠くに見えるフラミンゴはなんとも優雅にお食事中。

ところで、フラミンゴって母乳で子供育てるらしい。そのなもフラミンゴミルク。

それにしても、この日は本当に暑かった。
実はこの日朝の4時に起きて、「タティオ間欠泉」へのツアーへ参加し、
その後この塩湖を周るツアーに参加。
タティオ間欠泉は標高の高さと早朝のため気温ー15℃の世界。
そしてこの塩湖、照りつける日差しが本当に暑い、痛い。
真夏を通り越して灼熱です。
そりゃあ塩も浮き出て固まるっちゅうワケです。

タティオ間欠泉のそのままの勢いで Tシャツ、フリース、ダウンというフル装備だったためかなりキツかった!
(こんなに場所によって気温差があるなんて)
車にダウンを置いてとりあえずフリースで歩いてました。
Tシャツになると紫外線が強烈過ぎて逆に辛かったので。
b0119567_2227548.jpg

チャクサ湖の周辺は延々こんな風景が広がっています。
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-05 22:41 | 南米旅行

退社、引っ越し、ワーホリ準備

10月1日から実家に引っ越しました。
仕事はしてませんが、日々忙しく ドタバタと動き回っている状況です

まずは持ってきた荷物を片付け(とはいえ、実家も狭いのでしまう場所もないのですが。。。)

☆退社した会社の制服をクリーニング → 制服合わせて10点!それに加えて1年間きないであろうドレスなんかの一張羅も保管の前にクリーニングへ。もちろんサービスデーを狙って。

☆食器等も1年間段ボールで保管するため念入りに念入りに洗浄しペーパータオルで梱包し直し段ボールへ入れ、倉庫へ。

☆銀行、カードをすべてネット照会・手続きできる様に変更 → これ変更手続きは難しいけどやっておくと日本でも携帯で振込ができたりするし、海外でも自分の口座管理ができるので必須。便利な時代ですね。

☆不必要なカードは解約。 → 前に住んでいたところは家賃支払いのためにカードを作らされてました。まあもう使わないし、カードって増えてしまうからね。

☆外貨準備 → シドニーでの生活費、学校などなどの外貨送金を申し込み。私の場合はエージェントに代行してもらいます。

あれもこれもといった感じです。・・・・先が見えない。
考えれば考えるほどやりたいこと、やらなくてはならないことが出てきて、
ちと焦ってしまいます。
とりあえず、目の前のことからやるしかない!!

引っ越しの日に洗濯機を廃品回収業者に引き取っていただいたのですが、
排水の方のホース(洗濯機エルボーというらしいです)も一緒に持って行かれてしまった
ため、不動産管理業者から電話が入り、「速攻で見つけてくれないと自腹になりますので」
ということで、廃品回収業者へ電話したり・・・。
この巻き込まれ具合、前の会社を思い出す感じでした。(しょっちゅういやなハマりかたしてたな・・・)結局、間に挟まれても何もできないので直接電話してもらいました。でも、こういうとき冷静に対応できるのも、前の会社の経験がさりげなくいきていて、だてに2年ハマりっぱなしじゃなかったなと思いました。  笑

やること盛りだくさんです。
計画性が問われる1ヶ月になりそう。
[PR]
by hk_naobell | 2007-10-03 14:23 | ニッポン

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧