BELLCAFE


CAFEしたり、旅したり、作ったり。
by naobell
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

南米横断旅行② イグアスの滝 inアルゼンチン  

グアスの滝 続編。
今日はアルゼンチン側へ移動!

滞在していたFoz do iguasu(BRAZIL)からPuerto Iguasu(ARGENTINA)へバスで移動。

ポルトガル語からスペイン語へ。
ヘアルR$からペソ$へ。 
南米2ヶ国目へ突入です!

アルゼンチン側はとにかく広い!!
Parque National の入り口から入って、まずはトロッコ列車へ。
b0119567_17115473.jpg

これに乗って国立公園の中央まで移動。風が心地いい。
時々ある水溜りには色とりどりの蝶が何十匹も戯れに飛んでいる。


さてさて、駅に到着するもその後何キロも何十分もジャングルを歩く。ようやく
本日のメインイベント”Jangle Tour”のスタート地点へ到着。
やたらと車高の高いジープに乗り込みジャングルの奥深くへと進んでいく。
b0119567_17164110.jpg

ジープにはガイドが同乗して色々と国立公園について説明していた。
(もちろん何言ってるのかはさっぱりだったけど)



”GRAN AVENTURE”

それはつまり、ボートで滝つぼに突っ込むツアー!

アルゼンチン側は滝を上から望むブラジル川と違って、より滝により接近できる。
ジャングルを抜けるとそこにはいくつもの大きな滝と雄大なグリーンの大河が姿を現す。
いよいよゴムボートに乗り込んでLET'S START!!
b0119567_17243634.jpg


始めは周囲の景色を撮影したり、
見えてくる滝にはしゃいだり。
みんな救命胴衣を着用し、ぬれるからカメラ等は絶対にカバンにしまってビニール袋に入れて!・・・・というわけで写真はここまで。サヨウナラ、カメラちゃん。
b0119567_17403047.jpg


私たちもTシャツを脱いで着てきた水着でもう何でも来い!!って感じで気合十分。
私たちの前には白髪のおばあちゃんが乗ってたのだけど、彼女も救命胴衣着てやる気満々。
さあいよいよ、「あの滝に向かいま~す!」みたいな空気になってきた。
前のボートが滝の下の真っ白なしぶきの中へ消えていった。。。
結構いっちゃうねぇ・・・ とちょっと不安になったけど 容赦しません。


ボートはごぉぉという音をたてて滝まっしぐら!
どんどん滝が近づいてきて、もうしぶきというか強烈な台風というか
もう目も開けられない!!息もできない!!きゃぁーーーーーという悲鳴がボートから上がる

私ももう、「助けて~~!!」って感じだった
水しぶきなんてモンじゃない。水が痛い!
自分の所持品が入ったビニール袋がボートの中を流れていくのがチラッと見えた。
「ぎゃあぁぁぁーーーーーーーーーーーー・・・・・・・」
何がなんだかわからなくなってきた。


―5分後(たぶんもっと短かったと思うけどそのくらい長く感じた)
滝からでたボートの面々はもう運命共同体みたいな感じで拍手喝采!!
最高っ!
気づけばボートの中は水浸しでぐっちゃぐちゃ。
私の所持品はボートの後ろのほうまで流されて救出されました。
心配だった白髪のレディもダーリンと抱き合って喜んでました。(無事でよかった)


アツイ、アツイ、南米LOVE!冒険LOVE!
VIVA! GRAN AVENTURE!!

[PR]
by hk_naobell | 2007-08-25 17:09 | 南米旅行

男鹿和雄展にいってきました!


男鹿和雄展  (〜9月30日迄)
location:東京都近代美術館MOT
station:東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅 徒歩5分、 
      都営新宿線 菊川駅 徒歩10分
URL:http://www.mot-art-museum.jp/


今、男鹿和雄展へいってきました!

ただいまの気温、36℃。酷暑。
(熊谷は40℃越えだそうで、もはや殺人的レベルですね。。。)
チャリでチリリンと出かけました。

男鹿和雄ってしってた?
私、恥ずかしながらちっとも知りませんでした。
あのどこか懐かしいトトロの森の風景を書いたのは彼だそうです。
東京都現代美術館で開催されている「男鹿和雄展」
12時到着ー。

中に入ってビックリ!
b0119567_228097.jpg

「只今の待ち時間 100分
展示室の入り口には長蛇の列。。。というかもはや奥の状況も展示室の入り口も見えない。
お盆中ということもあり、小学生を連れたおじいちゃんおばあちゃんの姿も。
「うわ〜こりゃすごいな。しょうがないから諦めて、帰ってトトロのアニメを見よう。」
そういってこの孫とおじいちゃんおばあちゃんは帰って行きました。


確かに。

100分て。ディズニーランドもビックリだよ、恐るべしジブリ。
昔、「ガウディの世界展」をうっかり最終日に見に来てしまったけど。そのときでさえ100分は並ばなかったと思う。もはや世界遺産を超える勢い。

100分の看板を前に悩む私。
とりあえず片っ端から係員に「いつもこんなに並ぶんですが?」「今日の夕方はすきますか?」「いつなら空いてますか」と聞きまくり、悩んだあげく。

「よし、また来よう。」

ということで諦めました。
わいわいアトラクションを待つのならまだしも、1人で100分は無理っす。
9月末までやってるのでなんとかリベンジします。
帰りは木場公園を一周して、公園管理局に寄って利用者登録しました。
こうすればいつでもテニスコートを予約できるらしいので。
運動不足なのでへたくそテニスでもしないと。やらないことにはうまくもならないし。
当日の空き具合を見てみたけど結構空いてた。お盆だし。暑すぎるし。


それにしても、私の様にまたすぐ来れる人はいいけど、
はるばるこの暑い中電車でやってきて100分待ちを突きつけられたらショックで倒れるかも。
皆さん、熱中症にはくれぐれもご注意を。


[PR]
by hk_naobell | 2007-08-16 13:47 | ニッポン

南米横断旅行① イグアスの滝inブラジル 

2005年3月2日  foz do iguacu の足跡。



日本から飛行機で27時間、ブラジルはサンパウロ。
そこからさらにバスで16時間。2月27日に日本を出発してから4日目、
しかもその間ベッドで寝たのはたった一日。そんな強行スケジュール。
でもその先に待っていたのは・・・・

世界遺産 イグアス国立公園 -イグアスの滝ー
ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの国境で轟音と共に流れ落ちる巨大な滝群、それがイグアスの滝。
この日はブラジル側から。

イグアス国立公園の入り口を入り、照りつける強い日差しの中、どんどん遊歩道を歩いていく。
緑深い熱帯のジャングルのずっと先にある滝の音が、かすかに聞こえてくる。
いったいどんな滝が待っているのだろう・・・期待に胸を膨らませて進む。
そして視界が開けた瞬間― 息を呑むほどの壮大な景色が広がっていた!!
b0119567_16544573.jpg


雄大なアマゾン川を延々何百キロも流れてきた流水が茶色い岩肌のがけを大小300もの滝となって滑り落ちていく。日本の滝とはスケールが違いすぎる。
滝の近くは落ちてくるものすごい量の水のせいでかなりの強風。
これがアマゾン、これが南米大陸のパワー。

ジャングルを歩いて森林浴をしながら色々な滝に遭遇することができる。
滝に近づくと、舞い上がるしぶきが強い日差しでほてった体にとても気持ちよかった。


ブラジル側は滝を上から見ることになる。
ちなみに野生のアナグマが見られるのはブラジル側だけ。

b0119567_1647495.jpg


国立公園にはcentroからバスが出ている。(R$3.3)
イグアス国立公園 入園料 R$19.35
[PR]
by hk_naobell | 2007-08-11 16:55 | 南米旅行

江戸川区花火大会

2007年8月4日江戸川河川敷で開催された第32回江戸川区花火大会。
打ち上げ数は約1万4000発。
知らなかったけれど、東京湾の花火大会(約12000発)よりもずっと多い。


さすがに隅田川の22000発にはかなわないけれど、江戸川は視界をさえぎるビルもないし、
河川敷に座ってゆっくり見られる。仲間と集まってビール片手に花火なんて、夏の贅沢だなぁ。。。
子供のころは近所から隅田川の花火をよく親とチャリンコで見に行ったけど、
屋上から見えますなんて特別な場所がなければ、ほとんどビルの隙間から見ることになる。
ビルの隙間のちっさな空に咲く満開の花火を見て、花火ってきれいだな~と子供の頃
思っていた訳だけど、江戸川の花火をみて花火ってこんなにでかいんだ!と
改めて感動しちゃった。

都会の空ってちっさいな。
b0119567_22172370.jpg


ちなみに。
場所取り素人のわたしが会場に着いたのは15時。場所はすでに空いていませんでした。
河川敷一面にテープで場所取りがされて、入る余地なし。
とりあえず隅っこに陣取り、何とか入れる隙間を探して待つこと2時間―

17時ごろになってすでに場所取りをしていた人たちが続々とやってきました。
「いいなぁ場所があって。。。」
どこの場所取りもいったい何十人来るの!?というくらいかなり大きくテープを張っているので、実際にシートを敷き始めるたこの時間は隙間がぽつぽつでき始め、チャンス!!
競争率高いけど狙い目。

帰りは駅が大混雑してまず電車はあきらめたほうがいいかも・・・。

[PR]
by hk_naobell | 2007-08-06 22:14 | ニッポン

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧